忍者ブログ

[PR]

2017.09.24 - 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Reading+を考える。

ソーシャルライブラリーにやっと後継サービスができたようで、本日ソーシャルライブラリーのトップページにお知らせが載っていた。
Reading+と言う。


試しに2013年の記録を
手動で移動してみよう、と思って使ってみた。

まず前提として
「読書」記録しかできない。
読書が少なくなっている現状使いようがない(これはいいきっかけなので読書量を増やそう)。
ただ、ソーシャルライブラリーのページのお知らせ欄には「将来的にはソーシャルライブラリーの読書記録を全てこちらのサービスに移行する予定です」とあるが、この移行は書籍のみなのか、だとすればDVDやゲーム音楽や玩具はどうするのか、はっきりしていただきたいところ。

MixiアプリベースとFacebookアプリベースの違いはあれどソーシャルライブラリーと使い勝手が違いすぎる。
これも大半は慣れなので致し方ないとして、「蔵書メモ(ソーシャルライブラリーの”レビュー”に相当する)」が、はみ出て読めない問題がまた存在する。(ソーシャルライブラリーでは改善されているのに)

    
左Reading+ 右ソーシャルライブラリー(画面では分からないが長文で画面上からはみ出す場合は本棚の端にスクロールバーが出る。こういった、過去はできていたのにできない、という現状が多く使いにくい。

現状ブログパーツがない。ソーシャルライブラリーをブログと関連して使っているのでこれがなくなるのは困る。ブログパーツももう時代遅れという発想もあるだろうが使っている人も多いだろう。復活を求む。

他者の蔵書をどうやって見ればいいかわからないのも辛い。
自己記録用なのかと思えば「ホーム」にフォローリフォローの表示があるし。

以上の点は半ば仕方ないところもあるので(文章のはみ出しを除いて)、まぁ許容するとして気になった点を書いて行こうと思う。正直改善して欲しいところがありすぎる。

以下使ってみて「?」と思ったことが多いので箇条書き。

「かんばん」がイマイチよくわからない。
準備中/取り組み中/完了/停止中 があって、カテゴリー毎に選ぶようになっているがどういう使い方をイメージして使われているのかよくわからない。テーマができたのはいいと思うがSFとかミステリとか分ければいいのだろうか。もはや自分がイメージする使い方が、製作者の方と一致しているのかどうかもよくわからない。

「本だな」は今までのソーシャルライブラリーに一番近い機能でわかりやすいが、これまでの 読み終わった/読書中/未読・積読/気になった/読書中止 に加えて「すべて」という項目が出来た。これも必然性がよくわからない。

検索し書籍を登録する際、ソーシャルライブラリーではレビューも一緒に書けるが、Reading+では書籍を登録後、「かんばん」や、「本だな」の画像をクリックし蔵書記録をクリックしないと「蔵書メモ」を書くことができず非常に回りくどい。意味不明である。
    
左ソーシャルライブラリー(「レビュー・感想を書く」というボタンがある)
右ふたつReading+(中央の画像のポップアップには「蔵書メモを書く」というボタンがないため「本だな」から右端画像のページに飛び蔵書記録をクリックするハメになる)

タグ機能だが、タグでソートするにはどうしたらいいのか。これもよくわからない

バグについて
なぜか「かんばん」が表示されないトラブルが起こる。よくわからないが。



メアドで既存サービスに依存せず管理できる用になったのは非常に嬉しい。ソーシャルライブラリーから完全移行出来ればMixiからおさらばできる。
細かく使ったわけではないがiPhoneのサファリからも覗けそうなので、とりあえず読みたい本だけ「気になった」の項に入れておこうかな、と思っている。今後はアプリも作ってくれるんだろうか。期待したい。

「勉強用」と銘打っているだけあって使い方がこちらとずれているのかもしれん・・・うーむ。

拍手[1回]

PR

Comment

TITLE:
NAME:
MAIL:
URL:
COLOR:
EMOJI: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
Password: ※1
Secret:  管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
▼ ソーシャルライブラリー
▼ 05のツイッターとそのログ