忍者ブログ

[PR]

2017.04.26 - 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

残りLevel94

スローンとマークベルの物語が好調のLEVEL5。

初期のダーククラウド、ダーククロニクルから、アクションRPGに定評のあったこの会社がDQ8の開発に参加すると決まったと思ったら、
売れて当然のDQ8はもとより、レイトン教授シリーズ、イナズマイレブン、今作スローンとマークベル、あれよあれよとヒットを連発して

「TRUE FANTASY ONLINE」のことなんて誰も言わなくなってしまいました。きっと白騎士物語にシステムを生かした、とおっしゃるんでしょうがあの世界観が気に入っていたので何とかし復活ていただきたいものです。

今後も夏のDQ9を筆頭に秋にはレイトン教授新作、あのゲーム嫌いのジブリと手を組んだ「二の国」、PSPソフト「ダンボール戦記」、「うしろ」、スローンとマクーベルの続編や本家頭の体操シリーズのDS版と、怒涛の勢いで作品が続くLEVEL5。

エンディングが流れる頃にはいったいどうなっているんでしょうか。

ところで…PSPタイトルがいかにも力はいってないのは気のせいでしょうか(汗)。

あとDQ1/2/3のリメイクとONLINE化を是非お願いしたい…。

関連リンク

公式ページ:レベルファイブ

ツイッターアカウント:日野晃弘

Wikipedia:レベルファイブ

PSWorld:クリエイターインタビュー日野晃博元々ゲーム会社としてはPSをプラットフォームにしていた会社。案外ヒット作がないのは向いていないのか(汗)?頑張っていただきたいです。2006年末のインタビュー。

ニンドリドットコム:日野晃博さんインタビュー雑誌ニンテンドードリーム07年3月号の記事に加筆修正したものだそうです。

ファミ通.com:プロデューサー・日野晃博氏が語る『白騎士物語』! こちらは同じ年の7月の記事。白騎士物語についてのインタビュー

iNSIDE:【インタビュー】レベルファイブ日野晃博社長に突撃!『レイトン教授』と『イナズマイレブン』そしてWiiは!?
こちらは07年10月のもの。このサイト、昔はNintendoINSIDEだったと思うのですが。昔の方がポジションがはっきりしていてよかったんじゃないですかね。Nintendoの物が多いんだし。今ので行くならインタビューで白騎士聞かないのはおかしいし…あ、ちっさくForNINTENDOって書いてある…。

CNETJAPAN:レベルファイブ 日野晃博氏に聞く--次の10年のために新しい作品を生み出すこと
今度は年末。もちろん同じ年です。ゲーム全体について。

COWTV社長室:101株式会社レベルファイブ代表取締役 日野晃博社長よくわからないんですが地元福岡の学生向けの記事みたいです。うっとうしいという方もいますが地元福岡を盛り上げようという姿勢は応援したいです。うっとうしいくらいやらないと、地方は埋没してしまうんですよ。聞いているか奈良県(笑)!

NikkeiTRENDYnet:キーマン直撃!進化するゲームビジネス2008 “一発屋”でないことを証明するレベルファイブ 『レイトン教授』の次は『イナズマイレブン』で勝負!他のソフトメーカーとともに特集された昨年末のインタビュー。WEB上では最新?

他にもあるかと思いますがこの辺で。
お世話になった攻略サイト
レイトン教授攻略faily land
攻略記事を載せるな、というのは多胡先生の意思なんでしょうが、ゲームですから、やはりあっていいと思います。それも含めてゲームという文化ですから。もちろん、悩んでほしい、自分で考えてほしいという多胡先生の意思は尊重します。頭の体操DSはなくていいと思いますよ、攻略記事。

読書カレンダー登録ゲーム・レビュー(Mk2)

レイトン教授と不思議な町

レイトン教授と悪魔の箱

拍手[0回]

PR

Comment

TITLE:
NAME:
MAIL:
URL:
COLOR:
EMOJI: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
Password: ※1
Secret:  管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。

TrackBack

TrackBackURL  :
▼ ソーシャルライブラリー
▼ 05のツイッターとそのログ