忍者ブログ

[PR]

2017.11.19 - 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ジョン・ウーの城壁。

最近、サーバメンテナンス多くないですか?こんなもんですか?そうですか。

レッド・クリフPart1を見ましたけど、大変なことになってました。すごいですね、ジョン・ウー。
久々にアクション魂に火が付きました。元々アクション漫画描きですからね。僕は。
これはブルーレイボックス、買うかもしれません。

どこまで史実なのか、ジョン・ウーがどこまで細かいことに関わっているのか、
ちょっと判断がつきませんが、ガンアクションだけじゃなかったんですね。見くびってました。
一通り作品見返さないと。

布の扱い方、
時間の制御、
剣と棒術、槍のアクション、

見事なものです。
どうも日本でパッとしなかった金城武も一番輝いてたんじゃないでしょうか。
ウィンド・トーカーズ、ペイチェック消された記憶、とここのところいまひとつパッとしなかった彼ですが、
某漫画誌での対談によると中国の四大名著のひとつを取りたい、と言っているようで、「三国志」をのぞくと
「西遊記」「水滸伝」「紅楼夢」のみっつが残るわけですが…ネームバリューから考えて前二つのどちらかでしょうか。 作風を広げて復活を遂げたジョン・ウー。どんどん作風を広げていってもらいたいですね。

関連サイト(ウィンドトーカーズ以前のインタビューは拾えませんでした(涙)

Wikkipedia:ジョン・ウー

シネマトゥデイ:ジョン・ウー監督独占インタビューペイチェック消された記憶のときのもの

映画の森:レッドクリフPart1を語る(1)
レッドクリフパート1のジョンウーインタビュー(2)以降は出演者のインタビューに。東京映画祭での合同インタビューのひとつと思われます。

Gyao×CINEMA映画最新ニュース:「レッドクリフPart1」ジョン・ウー監督インタビュー

R25:つきぬけた瞬間ジョン・ウー 
レッドクリフ公開にあわせて行われたインタビュー。映画のPRをかねているもののR25の趣旨どうり20代にフォーカスを当てています。

ヤフー映画 ジョン・ウー インタビュー
ペイチェックのときのインタビューもあります。・・・が、何故か1のときはインタビュー記事がなく。

拍手[0回]

PR

Comment

TITLE:
NAME:
MAIL:
URL:
COLOR:
EMOJI: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
Password: ※1
Secret:  管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。

TrackBack

TrackBackURL  :
▼ ソーシャルライブラリー
▼ 05のツイッターとそのログ