忍者ブログ

[PR]

2017.08.20 - 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

USTREAM きっかけ編。

USTREAM。それは全世界の誰もが放送局になれる時代のツール。

面白いことになってきました。ライブハウスに行って何が悔しいってせっかく出会ったミュージシャンの曲(の素晴らしさ)を多くの人と共有できないこと。それをリアルタイムで解決してくれる可能性があるのが、ズバリ、このUSTREAM

最近ソフトバンクが出資に乗り出し、日本語対応をしたことで、紹介しやすくなりました。

僕は実は今年の頭くらいに
林信行が語る「2010 知っておくべき10のトレンド」
この記事を読んでて知って、それからダダ漏れ女子ことそらのさん(ツイッター)を知って、彼女の番組を中心にいろいろ見ていいたのだけれど、基本「実況中継」を売りした、報道的なものやタダの日常を映したものが多くて

「だから何?」

感がすごくあった。だけど、平野友康さん(リンクはツイッター。デジタルステージ社長、詳しくは関連記事。)が始めたあたりから、ラジオ的なものとして

「放送」としての一定のクオリティや目的

がはっきりしてきた感じがあって非常に見やすく聴きやすく

「楽しめる」

ものになってきた。平野さんは自社製品のプロモーション兼、ユーザーとの意見交換をメインに使われているの(右側にコメントやツイッター/フェイスブックなどをリアルタイムで表示できる)だけど、聞き取りやすいのでそれだけで興味が持てる。ラジオ経験がある平野さんは話がうまい、と言うのもあるのだけど、初期のころはピンマイク(確かこれアマゾン)とWebカメラ(確かこれアマゾンだけでカメラに向かってしゃべってる画像だけなんだけど自然に見れた。

これなら、もしかしたらライブハウスで配信すれば日本中の人と様々なミュージシャンを紹介しあえるのではないかと思ったわけなのです。(権利関係が際どいのだけど)

というわけで次回に続く。

関連リンク

公式サイト:USTREAM

拍手[0回]

PR

Comment

TITLE:
NAME:
MAIL:
URL:
COLOR:
EMOJI: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
Password: ※1
Secret:  管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。

TrackBack

TrackBackURL  :
▼ ソーシャルライブラリー
▼ 05のツイッターとそのログ